高脂血症とはどのような病気なのか

皆さんは自分の血液の中に脂質が含まれていることをご存知でしょうか。脂質と言われるとあまりピンとこないかもしれませんが、中性脂肪やコレステロールという言葉はよく耳にするものだと思います。

 

この中性脂肪やコレステロールの他にも遊離脂肪酸と呼ばれるものとリン脂質と呼ばれる脂質が血液の中に含まれているのです。この血液の中にある中性脂肪やコレステロールが必要以上に多くなってしまう状態のことを高脂血症といい、最近では脂質異常症とも呼ばれるようになりました。

 

この高脂血症の状態のまま放っておいておくと、血液の中に脂質が溜まっていってしまい血液の流れが悪くなってしまいます。

 

それが動脈硬化につながり、さらには脳梗塞や心筋梗塞という恐ろしい症状につながって、最悪の場合は死につながってしまうのです。

 

よって、高脂血症の時点で早期発見をして動脈硬化にならないための予防や治療を行なうことが大事になってくるのですが、この高脂血症の厄介なところは高脂血症の状態であっても特に身体に異常を感じることがなく自分で高脂血症に気がつくことが出来ないということです。

 

高脂血症であるかどうかを知るためには健康診断を受けることが必要なので、定期的に健康診断を受けている人であれば、高脂血症であるかをチェック出来ます。

 

先ほど述べたように普段の生活では、高脂血症に気がつくことは出来ませんので、恐ろしい病気につながらないためにも普段定期的な健康診断を受けていない人は、ぜひ健康診断を受けてチェックしてほしいものです。

関連ページ

高脂血症の症状について
高脂血症の症状について説明します。
高脂血症の人の割合を知る
高脂血症の人の割合について説明します。
遺伝で高脂血症になるのか
遺伝で高脂血症になるのかを説明します。
善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違い
善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違いについて説明します。
コレステロールと中性脂肪は不要なものなのか
コレステロールと中性脂肪は不要なものなのかを説明します。
高脂血症の前兆を知っておく
高脂血症の前兆について説明します。