善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違い

皆さんはコレステロールという言葉を聞いてどのようなイメージを持つでしょうか。

 

コレステロールは体内にあるとあまり良くないものと思っている人も結構いるようですが、コレステロールは体内の細胞をつくる際に必ず必要なものなので非常に重要なものなのです。

 

しかし、コレステロールが増えすぎてしまうと血液中にたまってしまい、血液の流れが悪くなったり、血管を傷つけてしまったりしてしまうのです。よって、コレステロール自体は必要なものなのですが、多過ぎるとよくないものなのです。

 

コレステロールの摂りすぎに気を付ける必要があり、注意を受けることがあるためにコレステロール自体に良いイメージを持たない人が多いようです。

 

また、善玉コレステロール、悪玉コレステロールという言葉も聞いたことがあると思いますが、これらの違いもハッキリと知っているという人は少ないのではないでしょうか。

 

コレステロールにはHDLコレステロールとLDLコレステロールがあり、HDLコレステロールは全身へコレステロールを運ぶ働きがあり、非常に重要なものなのですが、このHDLコレステロールの量が多過ぎると動脈硬化へとつながってしまうために、LDLコレステロールが余分なLDLコレステロールを肝臓へと運んで戻し調整する働きがあります。

 

このような働きをわかりやすく表現するために、多過ぎると悪影響があるLDLコレステロールを悪玉コレステロールと呼び、この悪玉コレステロールの量を調節する働きがあるDHLコレステロールを善玉コレステロールと呼んでいるのです。

関連ページ

高脂血症とはどのような病気なのか
高脂血症とはどのような病気なのかを説明します。
高脂血症の症状について
高脂血症の症状について説明します。
高脂血症の人の割合を知る
高脂血症の人の割合について説明します。
遺伝で高脂血症になるのか
遺伝で高脂血症になるのかを説明します。
コレステロールと中性脂肪は不要なものなのか
コレステロールと中性脂肪は不要なものなのかを説明します。
高脂血症の前兆を知っておく
高脂血症の前兆について説明します。