コレステロールと中性脂肪は不要なものなのか

社会人の方が健康診断を受けると、コレステロールの値が高かったり、中性脂肪が多いと診断される人がたくさんいると思います。

 

血液中のコレステロールの量が多過ぎる状態になると、血管の壁にくっついてしまい、壁を傷つけてしまったりしますし、この状態を放っておけば血管内に不要なコレステロールがとどまってしまうのです。それが動脈硬化へとつながり非常に危険な状態になってしまうのです。

 

中性脂肪の場合は、中性脂肪が多過ぎると血液内の余分なコレステロール(LDLコレステロール、または悪玉コレステロールと呼ばれます)を取り除く働きがあるHDLコレステロール(善玉コレステロールとも呼ばれます)の量が減ってしまいます。

 

つまり中性脂肪が多過ぎると、悪玉コレステロールが必要以上に多くなってしまうのを助けてしまうようになってしまうのです。このような状態を高脂血症と呼ばれています。

 

このようなことから、コレステロールや中性脂肪の摂りすぎは身体によくないということになるのですが、ここで誤解して欲しくないことは、コレステロールと中性脂肪自体は不要なものではないということです。

 

コレステロールや中性脂肪などの脂質は細胞や細胞膜をつくる際に不可欠なもので非常に重要な成分ですし、胆汁やホルモンがつくられる際にも必ず必要なものなのです。

 

よって、摂りすぎは注意する必要がありますが、全く摂らないというのもまた問題だということを知っておくべきでしょう。

関連ページ

高脂血症とはどのような病気なのか
高脂血症とはどのような病気なのかを説明します。
高脂血症の症状について
高脂血症の症状について説明します。
高脂血症の人の割合を知る
高脂血症の人の割合について説明します。
遺伝で高脂血症になるのか
遺伝で高脂血症になるのかを説明します。
善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違い
善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違いについて説明します。
高脂血症の前兆を知っておく
高脂血症の前兆について説明します。