高脂血症を知る記事一覧

皆さんは自分の血液の中に脂質が含まれていることをご存知でしょうか。脂質と言われるとあまりピンとこないかもしれませんが、中性脂肪やコレステロールという言葉はよく耳にするものだと思います。この中性脂肪やコレステロールの他にも遊離脂肪酸と呼ばれるものとリン脂質と呼ばれる脂質が血液の中に含まれているのです。この血液の中にある中性脂肪やコレステロールが必要以上に多くなってしまう状態のことを高脂血症といい、最...

最近増えている病気の一つに高脂血症と呼ばれるものがあります。現在では脂質異常症とも呼ばれるもので、高脂血症は脳梗塞や心筋梗塞の要因になりうるもので、非常に恐い病気なのです。よって、自分が高脂血症であった場合は、高脂血症の状態をそのままにしておくことは非常に危険ですし、早期に高脂血症であることを知ることが重要になってくるわけですが、我々はどのようにして高脂血症であるかを知れば良いのでしょうか。そこで...

社会人の方の中には、職場で定期的に健康診断を受けているという方も多いと思います。職場の健康診断以外でも、ご自身で申し込みをして健康診断を行なっている人もたくさんいるかと思いますが、皆さんのコレステロールや中性脂肪の値はいかがだったでしょうか。現在、血液の中に含まれているコレステロールや中性脂肪と呼ばれる脂質の量が基準の値よりも高い人が非常に多く、さらに脂質の量が多く異常値を超える人を非常に増えてき...

高脂血症(または脂質異常症とも言います)は血液中の脂質が非常に多くなってしまっている状態で年齢が高くなるにつれ、かかりやすい病気であり、放っておくと動脈硬化になってしまう恐ろしい病気です。高脂血症は油や脂肪、糖分などの多い食事の摂り過ぎや、普段の生活の不摂生などが大きな原因とされています。では、遺伝は関係ないのかというとそうではありません。血液中にはコレステロールなどの脂質が含まれていて、必要以上...

皆さんはコレステロールという言葉を聞いてどのようなイメージを持つでしょうか。コレステロールは体内にあるとあまり良くないものと思っている人も結構いるようですが、コレステロールは体内の細胞をつくる際に必ず必要なものなので非常に重要なものなのです。しかし、コレステロールが増えすぎてしまうと血液中にたまってしまい、血液の流れが悪くなったり、血管を傷つけてしまったりしてしまうのです。よって、コレステロール自...

社会人の方が健康診断を受けると、コレステロールの値が高かったり、中性脂肪が多いと診断される人がたくさんいると思います。血液中のコレステロールの量が多過ぎる状態になると、血管の壁にくっついてしまい、壁を傷つけてしまったりしますし、この状態を放っておけば血管内に不要なコレステロールがとどまってしまうのです。それが動脈硬化へとつながり非常に危険な状態になってしまうのです。中性脂肪の場合は、中性脂肪が多過...

高脂血症は食生活や生活リズムの乱れなどによって発症しやすい病気であり、現代社会では誰にでも発症しうる病気と言えるでしょう。高脂血症は脳梗塞や心筋梗塞の起因となる非常に危険な病気なので、高脂血症の前兆を知っておいて事前に予防しておきたいところですが、高脂血症の時点では自分で気がつくことが出来るような痛みや症状が特に現われません。よって、高脂血症であるにも関わらず、自覚がないまま放っておいてしまい、脳...