高脂血症予防のために禁煙する

タバコを吸っている人の中で、禁煙に挑戦した人はたくさんいると思います。タバコのニコチンは交感神経を刺激して、その結果心臓の心拍数をあげて心臓へ負担をかけてしまうこともあり、健康によくないことはよく知られています。

 

よって健康のためにと禁煙に挑戦をして成功した人もいるでしょうし、挫折してまだタバコを吸っているという人もたくさんいると思います。

 

なかなか禁煙がうまくいかない人であってもきっかけがあれば成功するかもしれません。今回、高脂血症予防のためにタバコの量を減らしてみたり、禁煙に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

タバコは高脂血症にもなりやすい状況をつくってしまいます。タバコを吸うことによって善玉コレステロールの濃度が薄れさせてしまいます。

 

善玉コレステロールは必要でない悪玉コレステロールを運ぶ働きがあるものなので、善玉コレステロールの濃度が薄れるということは悪玉コレステロールを運ぶ機能が衰えるということになります。

 

たくさんの悪玉コレステロールが血液内にとどまる状態が続くと高脂血症となり、動脈硬化が促進してしまうのです。

 

また、タバコはコレステロールを酸化させる作用があるのですが、コレステロールが酸化するといわゆるドロドロの血液になってしまい、動脈硬化へとつながってしまうのです。さらに遊離脂肪酸とよばれる成分を増やす作用があります。

 

遊離脂肪酸は中性脂肪をつくる元となるものでこちらも高脂血症につながるものとなるのです。

 

関連ページ

検査で高脂血症を発見する
年に一度は自分で健康診断を受ける機会を設けることを強くオススメします。
日頃の自分の生活を振り返ってみる
生活を振り返ってみることによって、今後の高脂血症の予防につなげることが出来るので、ぜひ一度チェックしてほしいものです。
高脂血症とお酒の関係
高脂血症とお酒の関係について説明します。
ストレスをたまると高脂血症になりやすいのか
ストレスをたまると高脂血症になりやすいのかを説明します。