高脂血症とお酒の関係

高脂血症になった人や、高脂血症になる可能性が高くなっている人は生活習慣を見直す必要があります。ここでは高脂血症とお酒の関係について紹介していきたいと思います。

 

高脂血症には種類があって、中性脂肪が多くなりすぎているタイプの高脂血症の場合は、アルコールによって中性脂肪を増やしてしまうために、お酒はかなり抑えるか、できることなら控えるべきです。

 

その他のタイプの高脂血症の場合は、適度な量のアルコールであるならば、余分なコレステロール(悪玉コレステロール)を肝臓へ戻す役割があるコレステロール(善玉コレステロール)を増やす効果があるので、適度であるならば問題ないと言えるでしょう。

 

高脂血症とお酒の関係で言えることは、お酒自体が悪影響を及ぼすということではなく、大切なのは飲みすぎないということです。

 

飲みすぎると肝臓への負担もかかりますし、高血圧や肥満にもつながります。高血圧や肥満になると、血液内に脂質がたまりやすい体質、つまり高脂血症になりやすい体質へとなってしまうので注意が必要です。

 

お酒が非常に好きな人はたくさんいると思いますし、お酒の場というのは非常に楽しく、コミュニケーションとる際の潤滑油ともなるうるものです。

 

いきなり禁酒というわけにはいかないと思いますが、今後は自分の健康のことを考えて飲みすぎには注意をして、週に何度かはお酒を飲まない日、いわゆる休肝日を設けてお酒を楽しむように心がけてほしいものです。

関連ページ

検査で高脂血症を発見する
年に一度は自分で健康診断を受ける機会を設けることを強くオススメします。
日頃の自分の生活を振り返ってみる
生活を振り返ってみることによって、今後の高脂血症の予防につなげることが出来るので、ぜひ一度チェックしてほしいものです。
高脂血症予防のために禁煙する
高脂血症予防のためにタバコの量を減らしてみたり、禁煙に挑戦してみてはいかがでしょうか。
ストレスをたまると高脂血症になりやすいのか
ストレスをたまると高脂血症になりやすいのかを説明します。