食事管理は高脂血症の最大の予防

皆さんはご自身の健康にどれくらい気を配っているでしょうか。健康に気を配る方法としては、食事、睡眠、運動などがよく考えられると思います。

 

中でも食事は非常に重要になってきますし、食べ過ぎや脂っこいものと摂りすぎは健康によくないというのは誰もが何となくイメージが出来ていると思います。

 

生活習慣病の一つである高脂血症も食事管理が最大の予防となります。高脂血症になってしまった場合は動脈硬化の進行を防ぐための治療が必要となりますが、その際も食事管理が非常に重要になってきます。

 

高脂血症を予防するために食事で気をつけることは、偏った食事をせず、バランスのよい食事を心掛けることと、食べすぎに気をつけることは基本となります。

 

これはどのような病気や健康に関しても基本となるものですが、高脂血症も例外ではありませんし、この基本がいかに重要であるかを伺うことができます。

 

高脂血症の予防のためにオススメの食品もありますが、その食べ物ばかりを食べていても健康にはよくありませんし、いくら健康に良い食品であっても食べ過ぎていい影響を与えるものはありません。

 

もっと、食事管理を徹底するのであれば、脂だけでも獣肉類の脂肪(飽和脂肪酸と呼びます)と魚の脂や植物性の脂肪(不飽和脂肪酸と呼びます)との割合を意識することによってバランス良く栄養を摂ることができるのです。

 

ちなみに不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸との割合は二対一くらいが良いと言われています。

関連ページ

食事で注意すること
コレステロールと中性脂肪の人がそれぞれ食事で注意することを説明します。
コレステロールをたくさん含む食品
コレステロールをたくさん含む食品を説明します。
コレストロールを増やす食品・減らす食品
コレステロールをたくさん含む食品を説明します。
コレステロールの合成について
コレステロールの合成について説明します。
食物繊維とビタミンを多く摂る
高脂血症の対策として、食物繊維とビタミンを多く摂ることが大事です。