コレストロールを増やす食品・減らす食品

血液中にあるコレステロールは胆汁酸やホルモンなどの材料にもなるもので、なくてはならない成分です。

 

しかし、このコレステロールの量が多過ぎると血液の流れが悪くなってしまい、異常値までくると高脂血症と呼ばれる病気になり、動脈硬化が進んでしまいます。

 

動脈硬化が進むということは、心筋梗塞などにつながる非常に危険な状態ということなので、早めの対策が必要になってきます。

 

そこで、増えすぎたコレステロールの値を基準値に近づけていくことが必要になってくるのでしょうが、普通に考えるとコレステロールを多く含んでいる食べ物を控えればいいのではと思うのではないでしょうか。

 

もちろん、コレステロールを多く含む食品を控えることを意識することは大切なのですが、それ以上に気を付けなければいけないことがあるのです。

 

食品の中には、コレステロールを増やす食品と減らす食品があるのです。よって、コレステロールを増やす食品を控えて、コレステロールを減らす食品を選んでいくことが非常に重要になってくるのです。

 

コレステロールを増やす食品としては、脂身がたくさんの肉や卵黄や即席麺の他にチョコレートやポテトチップ、バターやチーズなどの乳脂肪分などが挙げられ、これらは飽和脂肪酸と呼ばれています。

 

逆にコレステロールを下げる食品としては野菜や果物、海藻類、大豆製品、植物油、青背の魚などが挙げられ、これらは不飽和脂肪酸と呼ばれています。不飽和脂肪酸の食品であっても摂りすぎには注意が必要です。

関連ページ

食事管理は高脂血症の最大の予防
食事管理は高脂血症の最大の予防であることを説明します。
食事で注意すること
コレステロールと中性脂肪の人がそれぞれ食事で注意することを説明します。
コレステロールをたくさん含む食品
コレステロールをたくさん含む食品を説明します。
コレステロールの合成について
コレステロールの合成について説明します。
食物繊維とビタミンを多く摂る
高脂血症の対策として、食物繊維とビタミンを多く摂ることが大事です。