コレステロールの合成について

健康診断でコレステロールが多めだった人は注意が必要です。自分は大丈夫だとそのままにしておくと高脂血症という病気になります。

 

高脂血症は動脈硬化が進み、脳梗塞などの起因となるとても危険な病気です。

 

そのために血液の中でたくさんあり過ぎるコレステロールの量を基準値まで減らしていかなければいけないのですが、コレステロールを含む食べ物を全くとらなければすぐに減少していくものではありません。実はコレステロールの約七十パーセントは体内で合成されているものなのです。

 

人にはコレステロールの合成の量を調整する機能が備わっているので、健康の人の場合は多少コレステロールを多い食事をしてもコレステロールの量を基準値内に保ってくれるのです。

 

しかし、すでに血液内のコレステロールが高くなりすぎている人はこの調節する機能がうまく働いておらず、コレステロールを溜めやすい状態になってしまっているのです。

 

よって、高脂血症になった人は、コレステロールを多く含んだ食品を控えることを短期間ではなく長いスパンで実行し続けなければならないのです。

 

また、健康な人であっても、あまりにコレステロールを摂りすぎていると調節する機能が狂ってきてしまうので、体内でコレステロールの量を調整してくれるのなら、たくさん食べても大丈夫だと安心してはいけません。

 

健康な人も日頃から、コレステロールの摂りすぎには注意し、バランスの良い食事を心掛けるようにしておきたいものです。

関連ページ

食事管理は高脂血症の最大の予防
食事管理は高脂血症の最大の予防であることを説明します。
食事で注意すること
コレステロールと中性脂肪の人がそれぞれ食事で注意することを説明します。
コレステロールをたくさん含む食品
コレステロールをたくさん含む食品を説明します。
コレストロールを増やす食品・減らす食品
コレステロールをたくさん含む食品を説明します。
食物繊維とビタミンを多く摂る
高脂血症の対策として、食物繊維とビタミンを多く摂ることが大事です。