高脂血症と食事について記事一覧

皆さんはご自身の健康にどれくらい気を配っているでしょうか。健康に気を配る方法としては、食事、睡眠、運動などがよく考えられると思います。中でも食事は非常に重要になってきますし、食べ過ぎや脂っこいものと摂りすぎは健康によくないというのは誰もが何となくイメージが出来ていると思います。生活習慣病の一つである高脂血症も食事管理が最大の予防となります。高脂血症になってしまった場合は動脈硬化の進行を防ぐための治...

高脂血症の人で遺伝や体質、環境などが原因であり、自分の努力だけでは改善が難しいという人も一部いますが、多くの人は食事の摂り方によるものが主な原因となっていて、食事管理を徹底することによって改善されていく場合が多いのです。よって高脂血症の予防や治療では、食事が非常に大事なってくるのです。基本的には、どのような病気でも共通することですが、食べ過ぎはよくありませんし、バランスのとれた食事を心掛けることが...

高脂血症の予防や治療の基本は何といっても食事をコントロールすることです。健康診断を受けて診断結果でコレステロールが多めです。食生活を見直してバランスの良い食生活を心がけましょうというようなアドバイスを受けた人もたくさんいると思います。診断結果を見て食生活に気をつけなければいけないなとは誰もが思うでしょうが、具体的にどのようにすればいいのかわからず、実際に行動に移せなかったという人も多いのではないで...

血液中にあるコレステロールは胆汁酸やホルモンなどの材料にもなるもので、なくてはならない成分です。しかし、このコレステロールの量が多過ぎると血液の流れが悪くなってしまい、異常値までくると高脂血症と呼ばれる病気になり、動脈硬化が進んでしまいます。動脈硬化が進むということは、心筋梗塞などにつながる非常に危険な状態ということなので、早めの対策が必要になってきます。そこで、増えすぎたコレステロールの値を基準...

健康診断でコレステロールが多めだった人は注意が必要です。自分は大丈夫だとそのままにしておくと高脂血症という病気になります。高脂血症は動脈硬化が進み、脳梗塞などの起因となるとても危険な病気です。そのために血液の中でたくさんあり過ぎるコレステロールの量を基準値まで減らしていかなければいけないのですが、コレステロールを含む食べ物を全くとらなければすぐに減少していくものではありません。実はコレステロールの...

高脂血症の治療の基本は食事療法がメインになります。数ヶ月の期間をかけて血液の中で多くなりすぎたコレステロールや中性脂肪を減らしていき、基準値へもっていくのが目的となりますが、食事療法によってコレステロールが約一割減らせることが期待できます。高脂血症と診断され、医師の支持によって食事療法に取り組む場合であれば医師から具体的に食事などのアドバイスを受けて取り組むことになりますが、我々が高脂血症の予防と...