運動を行なう時注意すべきポイント

健康維持のためにはバランスの良い食事と適度な運動と生活習慣の見直しなどが思い浮かぶと思います。皆さんのなかにも仕事など忙しくて運動不足になってしまっているので、運動を頑張ってみようかと考えている人もいると思います。

 

適度な運動は高脂血症の予防にも非常に効果があるものなのですが、運動を行なう時に注意しなければいけませんし、運動自体控えた方がよい場合もあります。

 

例えば、すでに心筋梗塞や心不全がある人などや血圧が高い人などは身体への負担が大きく、逆に悪影響を与える可能性があります。

 

よって既に病気をもっている人は運動を行なった方がよいかどうかを必ず医師へ相談してから行わなければいけません。また、普段から立ちくらみをするという人も医師からアドバイスをもらったほうが良いでしょう。

 

また、運動を行なった方がよいという人であっても、運動をしてケガをしてしまっては意味がありません。運動をする前にはしっかりとストレッチなどの準備運動などをしっかりと行ない、運動が終わった後もしっかりとクールダウンを行なってケアをしていくことが重要です。

 

このように運動するのは健康のためにというのが目的なので、決して無理をしないように心がけましょう。

 

体調があまり良くない時は運動を控える時はもちろんですが、悪天候な時なども無理をせず運動は控えるようにしましょう。運動中に身体に異変を感じたときもすぐに運動を中断するように心がけましょう。

関連ページ

運動の重要性を知る
高脂血症予防のために運動の重要性を説明します。
有酸素運動を意識する
高脂血症予防に効果的な有酸素運動について説明します。
運動の量を考える
皆さんは健康のことを考えて定期的に運動を行なっているでしょうか。
運動を継続できるように工夫する
運動を継続できるように工夫することが必要です。
運動する前にチェックすること
太っている人が運動する前にチェックすることを説明します。