高脂血症予防のために運動の重要性を知る

高脂血症は生活習慣病の代表的な病気です。高脂血症は放っておくと非常に危険な病気ですし、治療となると厳しい食事管理や生活習慣の改善が必要になってきます。

 

出来ることなら高脂血症になりたくないものですし、日頃から予防に励んでおきたいものです。高脂血症の予防と言えば食事が非常に重要になってきますが、高脂血症になりにくい健康的な身体を維持するという意味では、運動も非常に重要となってきます。

 

運動した方がよいのはわかっているけれども仕事が忙しくて運動する暇がない、疲れていて運動をする気になれないという人もたくさんいるでしょうし、そもそも運動が好きではなく行わないという人もいるでしょう。

 

このようになんとなく健康のために運動した方がよいのはわかっているけど、なかなか実践出来ず運動不足になっている人が非常にたくさんいるのが現状のようです。そこで、高脂血症予防のために運動が重要な理由を具体的に紹介したいと思います。

 

運動によって特に期待できるのが、インスリンの働きが良くなるということです。インスリンは血糖の量を調整する働きがあります。

 

他にもインスリンの働きを良くすることにより、血圧を高くするのを抑えたり、コレステロールや中性脂肪の代謝をよくする働きもあります。

 

逆にインスリンの働きが悪くなると、これらの働きが低下して全てに悪影響が出てしまうのです。このことからも運動が高脂血症の予防に重要であることが伺うことが出来ます。

 

関連ページ

有酸素運動を意識する
高脂血症予防に効果的な有酸素運動について説明します。
運動の量を考える
皆さんは健康のことを考えて定期的に運動を行なっているでしょうか。
運動を継続できるように工夫する
運動を継続できるように工夫することが必要です。
運動を行なう時注意すべきポイント
運動を行なう時注意すべきポイントを説明します。
運動する前にチェックすること
太っている人が運動する前にチェックすることを説明します。