太っている人が運動する前にチェックすること

年を重ねていくと代謝が悪くなり体型の維持が難しくなってきます。皆さんのなかにも最近太ってきたな、お腹まわりのお肉が気になる、なかなか体重が落ちないと悩んでいる人がたくさんいることでしょう。

 

中性脂肪やコレステロールと呼ばれる脂質などが血液内で増えすぎてしまい、血液内でとどまってしまうと高脂血症と呼ばれる病気になり、脳梗塞などを起因となってしまいます。そのようなことからも、太ってしまった人は早めの予防が必要となってくるのですが、どのような予防をすれば良いのでしょうか。

 

具体的には、食事の改善や運動を行なうことが効果的な予防となります。しかし、普段運動不足の人がいきなり運動を行なう時は注意が必要ですし、太っている人が運動行なう場合はさらに注意が必要となります。

 

まずは健康診断を受けて運動を行なっても大丈夫かどのような運動を行えば良いかなど医師のアドバイスをもらうことをオススメします。その際に食事に関してもアドバイスをもらって食事改善も同時に行うとより効果的な予防となります。

 

また太っている人が運動を行なう場合は関節や膝への負担が普通の体型の人よりもかかってしまうので、自転車やプールでの歩行など負担がかかりにくい運動を行なうことをオススメします。

 

さらに運動を行なう前にウォーミングアップを普通の人以上に念入りに行なうことも重要ですし、運動が終わった後もしっかりとストレッチなどでクールダウンを行なっていくべきです。

関連ページ

運動の重要性を知る
高脂血症予防のために運動の重要性を説明します。
有酸素運動を意識する
高脂血症予防に効果的な有酸素運動について説明します。
運動の量を考える
皆さんは健康のことを考えて定期的に運動を行なっているでしょうか。
運動を継続できるように工夫する
運動を継続できるように工夫することが必要です。
運動を行なう時注意すべきポイント
運動を行なう時注意すべきポイントを説明します。