高脂血症は危険な状態

あなたは高脂血症という言葉を知っているでしょうか?、また、高脂血症とはどのようなものかを知っているでしょうか?。

 

高脂血症とは病気の一種で現在では脂質異常症という病名に変更されましたが、病院などでは高脂血症という呼び方がまだまだ使用されているようです。高脂血症や脂質異常症という言葉がまだ世間にはあまり浸透しておらず、聞いたことがないという人も多いかと思います。

 

高脂血症とは、血液のなかにある善玉コレステロールが少ない状態であったり、中性脂肪や悪玉コレステロールが多くなりすぎてしまっている状態が持続する場合に呼ばれる病名です。

 

高脂血症であっても特に自覚症状がないので、検査をしない限り普通に生活していても自分で気がつくことが出来ません。

 

自覚症状もなく、自分で気がつくこと出来ないままこの高脂血症をそのままにしておくと血液の中で増えた脂質が溜まっていき、やがては動脈硬化へとつながっていくのです。

 

しかし、動脈硬化になった状態でもまだ自覚症状がないために我々は気がつくことが出来ないのです。そして気付かないまま状態が進んでしまい、その結果脳梗塞や心筋梗塞になった時にようやく気がついて、最悪の場合は死につながるという恐ろしい病気なのです。

 

動脈硬化や脳梗塞、または心筋梗塞という言葉はよく知られているにも関わらず、高脂血症や脂質異常症という言葉があまり知られていないのは、このようにその時点では自覚症状がないためにあまり深刻な問題としてイメージされにくいことも一つの要因となっています。

 

しかし、高脂血症の時点でしっかりと予防や治療行なうことによって、動脈硬化を未然に防ぐことにつながり、動脈硬化を防ぐことによって、脳梗塞または心筋梗塞を防ぐことが出来るのです。

 

よって、高脂血症の時点で自分が高脂血症であることを知り、脳梗塞や心筋梗塞にならないように、しっかりと対策をとることがいかに重要なことであるかは言うまでもありません。

高脂血症【サプリメント】ランキング

高脂血症のおすすめのサプリメントをランキング形式で紹介します。

 

  1. きなり
  2. 小林製薬 DHA・EPA
  3. サントリー DHA&EPA+セサミンE

 

更新履歴